支持率ナンバーワン車を買うならプリウスPHV

新型プリウスは燃費ばかりでなく、走行性能も飛躍的に向上し、ハイブリッドカーとしての完成度が大きく上がり、多くの人におすすめできるクルマとなっています。しかし、プリウスの購入を検討しているのなら、今冬登場予定のプリウスPHVを見てからでも遅くありません。従来のモデルは、プリウスに比べると、あまりぱっとしない存在でした。その大きな理由の一つは、電気自動車として走れる距離が非常に短かいために、価格上昇分を補うだけの魅力に欠けていたからです。エコの観点からは電気自動車のほうがハイブリッドカーよりもはるかに優れているのですが、走行距離の問題の解決がプリウスPHVが売れるかどうかの鍵になっていました。そのような中にあって、新型のプリウスPHVでは、電気自動車としての走行距離が飛躍的に高まりそうなのです。

電気自動車としての走行距離は60キロに拡大

トヨタ自動車の発表では、電気自動車としての走行距離が約60キロ、走行時間では約2時間20分走行することが可能とのことです。現行型のプリウスPHVの走行距離が約26.4キロ程度しかなかったので、約2倍に走行距離が伸びたことになります。往復60キロ圏内のドライブであれば、ガソリン代が一切かかりません。これにより驚異的な低燃費を実現します。また最高速度も現行型が100キロであるのに対して、135キロくらいまでに出るようになり、高速道路でも普通自動車と同等の走りが可能です。もちろん、バッテリーが切れてしまえば、ハイブリッドカーに切り替わり、プリウスと同様にJC08モード37km/Lという低燃費での走行となります。基本は電気、そしていざというときにガソリンエンジンを使うのが、プリウスPHVの基本です。

新型プリウスPHVのデザインと特徴的な性能

新型プリウスPHVの魅力はデザインにもあります。切れ長の4連のヘッドライトと大きなフロントグリル、リアは央部にへこみがあり、波を打つようなデザインとなっており、非常にスポーティかつ未来的です。プリウスの大胆なデザインよりは万人受けしそうなデザインと言っても良いでしょう。また、静粛性が非常に高いのもプリウスPHVの特徴です。エンジンを始動することがなければ、エンジンは無音となりますし、ロードノイズや風切り音もよく抑えられ、プリウスよりも高級感があります。また、ルーフにソーラーパネルが設置され、太陽光で充電できるようになっています。充電スタンドがない場所や災害時の停電のときなども、ソーラーパネルがあれば、電気自動車として走行が可能になり安心です。