土木関係の求人の見方をマスターしよう

土木関係の求人の中には、機材を使用した作業から重量のある資材を運ぶ力作業まで幅広く募集をしてしまう。そのため、自分がどの作業を主に行いたいかによって、選ぶ求人内容が異なります。ただし、求人内容によっては、作業が日ごとに変わってしまい、慣れない作業もする事があります。臨機応変に対応できる方を募集しているケースがあります。今までに、土木関係の仕事をした経験が有る方であれば、その旨を明確に相手先の方へ説明をし、得意としている部分がどこなのか、今迄に経験した内容を伝えましょう。人によっては、全く関係ない職種についていたため、未経験という場合もありますが、募集内容に求人未経験者も含めると記載されている事も多いです。未経験者の方は記載内容を念入りに確認してみましょう。

自分の得意としている部分を活かせるのか見てみよう

土木仕事内容は様々なため、募集内容によってはシニア層であっても受け入れをしている事があります。また、ミドル層では更にシニア層よりも多く募集されている傾向があります。ただし、ミドルやシニア層の場合では、未経験者ではなくある程度の経験があり、引退した方に向けた募集内容のため内容には十分に注意が必要です。自分に合った募集内容を見つけた時には、一度電話をしてどのような作業が主なのか、自分の経験した内容は含まずに簡潔に確認をしましょう。経験者は今まで培ってきた知識や技術を細かく説明するために、面接時間を有効的に使う事が大切です。特に、ブランクがある方は、なぜ期間が空いてしまったのかについても説明をする必要があります。資格も持っているようであれば、保有している資格も的確に相手に伝えるようにしましょう。

資格に対する報酬が含まれているか確認してみよう

保有している資格によっては、収入が大幅に変わる事があります。例えば、技術者として働くのであれば、一級土木施工管理技士を取得していれば収入アップに繋がりやすくなります。また、キャリアアップの可能性もあるので取得している方は、必ず履歴書に記入漏れがないか確認をしましょう。また、施工管理が行える一級建築施工管理技士などを取得している方も有利になる可能性が高くなります。自分が保有している資格がある事で、どのような働き方が出来るのかアピールをしてみましょう。未経験者の方で何も資格を保有していない方は、採用になった後に一級までではなくても二級まで取得する事も視野にいれる事で、就職中でも収入アップに繋がります。ただし、取得した事を必ず伝える事が大切です。会社によっては、就職後に資格を取得させる場合もあるので、就職後の流れを大まかに聞きましょう。