コストや性能どれをとっても魅力的なプリウスPHV

プリウスPHVはプリウスに充電機能を備えた、非常に経済的な車として注目されています。従来のハイブリッド車はエンジンでバッテリーを充電する必要があり、バッテリーの容量が燃費を大きく左右するという欠点があったほか、バッテリーを大型化すると車自身が重くなりエンジン走行時の燃費が大きく落ちてしまうことから、なかなかその性能を発揮できないという欠点がありました。そのため前代のプリウスPHVはバッテリーを小型化し燃費を向上しようとしましたが結果的に充電容量が少なくなり充電式のメリットを上手に引き出せているとは言えない部分が有りました。しかし新型プリウスPHVではバッテリーを大型化したほか、モーターを2基搭載したことでモーター走行の効率を格段に向上させ魅力的な車となっています。

現在の充電スタンド環境を配慮した設計が嬉しい

プリウスPHVの先代が発表された時点では、電気自動車の普及があまり進んでいなかったことも有り街中での充電スタンドの数があまり多くないため、そのメリットがあまり評価されていなかった背景が有ります。そのため充電できるハイブリッドであってもその機能を利用する機会が少なく、逆にその機能を持たせたことで充電機能のないハイブリッドに比べ燃費面で不利な部分が多くありました。しかし現在では充電スタンドが増えたことで、その機能を十分に活用できるようになった背景を受けバッテリーを大容量化してエンジンを殆ど回さなくても走行できるようになり、低燃費化に大きく向上していることが大きな特長です。又、従来は走行用と充電用のモーターが分離していましたが、両者を走行用に利用できるようにしたことでモーター走行時の駆動力も高まり、実用上問題のない域に高めている点も大きな魅力です。

エンジンに頼らないヒーターが魅力

ハイブリッド車の多くはエンジンによる走行を基本としているため、走行以外の機能をエンジンの動力に頼っている部分が多く、そのために走行以外の目的でエンジンが駆動してしまうことも少なくありません。特に多いのがヒーターの駆動です。一般的にヒーターの熱源はエンジンの熱を利用して室内に熱を循環させる方式をとっていますが、この方法の場合エンジンが駆動していないとヒーターが使用できないほか、モーター走行時にはエンジンが暖まらないとヒーターが効かないため、それだけエンジンを長時間駆動させる必要がありました。新型プリウスPHVではヒートポンプを採用することでエンジンの駆動が無くてもヒーターが使用出来るため、エンジンの駆動の必要が無くなり燃費向上に貢献しています。新型プリウスPHVはこのような細かい部分に対する配慮が行き届いており、総合的にコストと性能を両立させた車ということができます。